へなちょこシンママの幸せ計画。

とあるシンママの雑記。

先が見えてきた

高校3年生の息子くん、高校2年のゴールデンウィーク明けから学校に行きにくくなりました。

 

あれから2年弱、相変わらず朝は起きれなかったけど、自力で学校には行けなかったけど、どうしても1時間目には間に合わない日々だったけど、、、

何とか卒業出来る出席日数ギリギリで全ての授業が終わりましたヤレヤレ。

 

2月からは自由登校。受験組は自習や試験対策講座?のために登校する様子。息子くんは今のままだと卒業ができないらしく、数日間の補習を受けたり、レポートの提出が必要と言われました。それらをクリア出来れば晴れて月末に卒業出来るとのこと。

この3年間、クラス替えも担任の先生の交代もなく過ごしてきた仲間と一緒に卒業するぞー!

 

もちろん、卒業後の不安はある。大学に行きたいと言うけれど、受験もしているけれど、思うような結果は得られていない。大学生になるのは先の話になるかな…。それでも自分の道を見つけて、その目標のために努力できる人になってもらいたい。母は後ろからそっと応援しているよ。

温度差

高校3年生の息子くん。高校2年のゴールデンウィーク明けから学校に行きにくくなって1年半が経過。相変わらず学校には行きにくい状態です。

 

高校3年生の秋。

周りの子達は受験一色です。志望校に向けて勉強をしたり、中には推薦入試で合格が決まる子もチラホラ出てくる頃です。その中で息子だけが今日も学校に行くことが出来るのか、出席日数は足りてるのか、卒業出来るのか、という他の子とは別の悩みを抱えています、、、

 

そりゃー、学校に行きにくいよねー!

 

それでも、毎朝どうにか息子くんを起こして学校に連れて行く。息子くんにとっていいことなのか?このまま綱渡り状態でもどうにか卒業して、受験もするという息子くん。でも本心はどうなんだろな?

手探りは続く…

娘へ

ここ1年は息子くんネタばかりでしたが、実は娘ちゃんもいます。お隣の県の学校に通っており、自宅から通うにはちょっとしんどい距離。そのため絶賛下宿中です。

 

で、今のこの状態…。

娘の学校は早々にオンライン授業になったため、勉強は進んでます。しかし、外出はたまに買い出しに行く程度。誰とも会わず、誰とも喋らない日々にかなりのストレスをためている様子。友人の中には授業はオンラインでどこにいても受けることが可能なため、実家に帰った子もいるとのこと。我が家もどうしようかと悩んだけれど、実家に帰るとなると電車に乗り、県をまたいで移動することになる。しかも両県ともに緊急事態宣言が解除にならない地域。もしも感染したら?、逆に感染させてしまったら?との不安が付きまとう。そのため帰省しないという判断をした。

 

今は便利なツールがあり、遠方でも電話代を気にすることなく手軽に連絡をとることができる。これは本当に助かる。なので、こうなる前から毎日、連絡はとっていました。もちろん、今も連絡をとっていますが、食欲がない、湿疹ができた、吐いた、下した(お食事中の方すみません)、あっちが痛い、こっちが痛い・・・。時には夜中に電話をしてきて、そこから延々と1時間以上も話し込むことも。夜中の長電話は休日の前夜にしてくれ~っと心の中で叫びつつ、やはり今のこの状況で一人で過ごすのは不安で、相当なストレスになっているのだろうな。そうかといって「帰っておいで」とも言えない・・・。

 

今は娘からのメッセージと長電話に付き合うことと、好きそうな食料やお菓子を送るくらいしかできないけれど、それでも母はとっても心配しています。今は日本中が試練の時。今の状況を嘆くだけではなく、逆に今だからこそできることもあるはず。どうか、出来なくなったことばかりに目を向けず、どんな状況の中でも自分に何ができるのか、しっかりと考えて行動できる人になってください。それでもしんどい時は、いつでも(できれば休日の前夜に)電話でもビデオ通話でもしておいで。いくらでも付き合うよ。

 

1年経過

コロナ禍ですっかり忘れていましたが、高校3年生の息子くんが学校に行きにくくなって、1年が経過しました。去年の今頃は学校に行けない理由が分からずイライラ。頭痛や腹痛や吐き気等々を訴えては学校を休むけれど、それも言うことが毎日コロコロと変わる。その度に内科や消化器内科、脳神経外科をハシゴする日々。もう1年経つんだな…。

 

sinmamapanna.hatenablog.com

 

 

おかげで、この1年はすっかり息子くんネタばかり。きっと、もうお腹いっぱいだと思うので詳細は省きますが、あんなことやこんなこと、本当に色々ありました。人生を振り返って見た時に、学校に行きにくかった期間なんてほんの一部の出来事かもしれません。ただ、渦中にいる今は先の見えない不安がつきまといます。「そんな時期もあったね~」と笑って話せる時がくる、そうなることを信じて、今はこの状況をプラスに考えていきたいと思います。

 

 

 

久々にパソコンを立ち上げる

学校が休校になって2ヶ月が経過。元々、不登校気味の息子にとって、朝は無理矢理起こされることもなく、自宅にこもっていても堂々と「stay home」と言えるため、それ程ストレスにはなっていない様子。う~ん、ストレスなく過ごせてるとはいえ、いい事なのか?母は逆に休校が解除になった時が心配だよトホホ。

 

で、オンライン授業?配信?をするとかしないとか。それぞれの家庭でインターネット環境が違うため、なかなか前に進まない様子。我が家もオンラインに向けての準備をしておかないといけないゾ、と久々にパソコンを立ち上げてみた…。

 

うーん、確か3年前にノートパソコンを新調して、最後に立ち上げたのは2年前くらい?スマホで事足りてしまっていたので、すっかり放置。久々に立ち上げたらもう何だか訳が分からないことになっていて、あれこれ触っていたらWi-Fiは繋がらなくなるし、スマホWi-Fiまで繋がらなくなるし、当然、プリンターとも繋がらないし、メールは出来なくなってるし、あ゛ーっ(ノꐦ ⊙曲ఠ)ノ彡┻━┻

 

ネットで調べたり、周りの人にたずねたりしながら何とかWi-Fiは復活。メールは謎のままだけど、別のメアドを使っているから良いとして、、、

実はウイルスソフトも切れていたという(泣)これは仕方ない、必要だもんね。息子がパソコンを使うなら、より安全な「保護者向け?」にした方がいいよね。と、何とか設定完了ヤッター。

 

うん、うん、よく頑張った私。アナログ人間がここまで出来るなんてスゴい!←自分でほめる( ‘-^ )b

では、息子の高校のホームページをチェックしよう、ポチッと。

 

ん?!

 

Webサイトがブロックされました

えーーーーーっ!!

 

まぁ、解除すれば見れるからいいんだけどね。

オンライン授業は学校のホームページから入る訳ではないからいいんだけどね(ーー;)アハハ

 

以上、(いつも通り)スマホからお送りしました。

 

通知表をもらう

高校2年生の息子くん、ゴールデンウィーク明けから学校に行きにくくなり10ヶ月。欠席や遅刻や早退を繰り返しながらも何とか登校し、一時は諦めかけていたみんなと一緒に3年生に進級するという目標が見えてきた結果、、、

 

無事に進級出来ることになりました(*´∀`)-3

 

2月から放課後に出席日数が足りない分の補習が開始。2月中旬からは体調が上向きになり、この調子で体調が回復してくれたら・・・と思っていたところにコロナのため休校。今まで体調が回復しても長期休みで崩れるというパターンで、今回もやはり一気に逆戻りしてしまいました。本当に崩れる時はあっという間です。

 

時間補正のための補習が自宅学習となり、大量の課題をもらってきた息子くん。こんな体調で課題提出が出来るのか?最終的には課題を提出し、無事に進級が認められたわけですが、まあ、この課題が何と言うか・・・提出に辿り着くまでスったもんだありました。ホントに。で、みんなより遅れてもらってきた通知表。

 

ん?えーっと、、、

息子だけ5段階評価になったのか?でも、よく見たら「6」も少しある。っていうことはやっぱり10段階評価だよね?(T▽T)アハハ。でもでも息子くん、よく頑張ったよ!エラい!!

 

4月からは念願の?高校~3ねんせーい♪

受験生だけど、まずは目指せ卒業だな。この1年間でどうにか体調が良くなりますように…。

息子くんのこと・励みになっていること

高校2年生の息子くん、ゴールデンウィーク明けから学校に行きにくくなり10ヶ月。欠席や遅刻や早退を繰り返しながらも何とか登校し、一時は諦めかけていたみんなと一緒に3年生に進級するという目標が見えてきました。

 

息子くんは予定より1ヶ月以上早く産まれたせいか(←このため学年が変わってしまいました)、小さな頃から病弱で体力もありません。直ぐに体調を崩し、回復が遅い。成長と共に体力がつき、病気も減るだろうと思っていましたが、病弱と体力の無さはそのまま。少しでも元気に過ごすためには十分な睡眠が必要でした。

 

そんな息子くんが遠方の高校に入学し、電車通学をするようになりました。自転車で行ける範囲にいくらでも高校があるのに!朝、6時過ぎには家を出て帰宅は10時過ぎ。睡眠時間の確保が難しくなり、土日はひたすら寝る生活zzz。1年生の1・2学期は何事もなく過ごし、3学期になると「寒いから」と起きてくる時間が遅くなり始めます。といっても30分程度のこと。今まで早めに家を出ていたので、30分遅くなって丁度いいくらいじゃない?と気にすることもなく1年生を修了。今思えばこれが最初のサインだったと思います。それなのにお気楽に考えていた私。ただ、担任の先生だけは危機感を持っておられ、何度も声をかけてくださっていました。

 

2年生の4月、2・3日くらい高校を休みました。ここでも担任の先生から息子くんのことが気になるというようなことを言われたけれど、病弱な息子くんにとって学校を休むのはよくあること。ここでも私はお気楽に「いつものこと」として軽く流してしまう…。これが2回目のサインであることに気付かずに。

 

そして迎えたゴールデンウィーク明け。腹痛や頭痛等、何かと理由を付け高校を休み始めた息子くん。その度に内科や消化器内科、脳神経外科を受診するも異常なし。そんな息子くんに腹を立て、キツい口調で責め立てて何とか高校に行かせようと躍起になる。今までのような「病弱」とは訳が違うということに気付いたのは約2週間後でした。

 

もっと早い段階で息子くんの異変に気付いていれば良かった…。後悔してもしきれない。ネットで見る限り長期戦になるということは分かったけれど、医師や保健師に相談しても思うような言葉は返ってこない。先が見えないということは、こんなにも不安な気持ちにさせるものなんだ。でも、一番苦しんでいるのは息子くん。一番頑張っているのも息子くん。きっと、息子くんとちゃんと向き合いなさいということなんだろう。

 

おかげで最近は息子くんネタばかり。明るい内容ではないにも関わらずスターやコメントをいただき感謝でいっぱいです。とっても励みになります。まだまだ息子くんネタが続くと思いますが、しばらくお付き合い願います。

 

息子くんは大人しくて真面目で、あまり活発ではありません。高校では仲の良い友達がいても、休日は1人でのんびりと絵を描いたり、本を読んだり好きなことをして過ごしたい様子。そのため、高校生なら休日に友達とカラオケやら、うーん?・・・映画?ゲーム?買い物?ラ〇ンド1みたいな所?に行ったりするのでしょうか?他にも外に出てやり甲斐みたいなものを見つけたり、色々な人と関わって世界を広げていけば体調も変わってくるんじゃないかと思うのですが…まあ、体調不良に絶賛反抗期発症中も重なって「ふーん」で終わりヤレヤレ

 

何年後か「そんな時期もあったねー」と息子くんと笑い合える日が来ることを信じてます!